シンプリッチの特性

シンプリッチは一本で洗顔料、ボディソープ、シャンプー、リンスの4役の働きをしてくれるオールインシャンプーです。シンプリッチの手軽さは言うまでもなく、様々な面で高い評価を得ています。シンプリッチが高い評価を得ているのはなぜでしょうか?

 

ここでは、シンプリッチの特性の面から、掘り下げてみましょう。

 

<シンプリッチの特性1>

 

・指通りがよい

 

一般にノンシリコンシャンプーは髪の毛の表面を覆うシリコンがないので、指通りが悪く、絡みやすいと言われます。しかし、シンプリッチは髪が絡むこともなく、するするの指通りです。

 

なぜ、シンプリッチは一般的なノンシリコンシャンプーと差別化をはかることができたのでしょうか?

 

シンプリッチではシリコンの代わりに吸着型ヒアルロン酸がその役割を担います。剥がれるときに髪を傷める恐れのあるシリコンとは異なり、シンプリッチの吸着型ヒアルロン酸はその恐れはなく、髪を優しく保湿します。また、水に強いので、長く指通りの良さが続くのです。

 

シンプリッチにはアマモエキスも含まれます。このエキスは古い角質を洗い流してくれ、保湿力を高め、くすみのない肌に導いてくれるのです。

 

これらの働きは髪に限らず、肌にも有効です。だから、髪だけではなく、美肌効果も、もたらしてくれるのです。

 

 

<シンプリッチの特性2>

 

・泡立ちがよい

一般的なノンシリコンシャンプーはあまり泡立たず、そのため洗浄力も弱いと言われます。しかし、シンプリッチはその常識を覆しました。

 

シンプリッチは、天然成分由来のアミノ酸系成分を洗浄成分として取り入れるとことにより、シリコンシャンプー並みの泡立ちに成功しました。生クリームのようなきめ細かい泡は、毛穴の奥の汚れ、過剰に出ている皮脂までもきれいに洗い流してくれます。

 

また、アミノ酸系成分は高い保湿力も持っているので、肌も、頭皮も、髪の毛もしっとりと美しく洗い上げてくれます。

 

 

<シンプリッチの特性3>

・無添加である

シンプリッチにはただのノンシリコンシャンプーではありません。肌を優しく洗い上げることをコンセプトに、無着色、無鉱物油、無合成香料、無石油系界面活性剤、そして旧表示指定成分は一切使用されていません。本物の無添加シャンプーなのです。

 

シンプリッチを作るのに不可欠な水も厳選されたものを使っています。自然豊かな富士山の元で摂取されたミネラル分たっぷりの水をベースにシンプリッチは製造されています。

 

そして、このような厳選されて原料をもとに、シンプリッチは安心・安全が保障されている工場で製造出荷されているのです。

 

厳選された原料、美しい空気のもとで製造されるシンプリッチだからこそ、幅広い世代に使用でき、シャンプーとしての役割以上のものを持つことができたと言えるでしょう。

 

 

このような企業努力がシンプリッチを単なるノンシリコンシャンプーにとどまらず、オールインシャンプーしてくれたと言えるでしょう。シンプリッチが圧倒的に支持されるのは他のノンシリコンシャンプーとは違う3つの特性があったからと言えるのではないでしょうか?

Tags: ,
Posted in パッチテスト | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.